Twitter

Interview with Broiler

The End Of Irony / Palatka (LP)

  • 2,000 20 Pt )


※経年のためジャケット等に若干スレ等がありますので予めご了承ください。

90年代黎明期、カオスな時代の空気感がここにはある。Palatkaはあんまりよく知らなかったんだけどFIXEDのウオズさんに教えてもらって知りました。しかし時既に遅し、バンドが活動していたのは1994〜1999年。メンバーはKurt & Jasonというレーベルを運営していたりする。初期エモバイオレンス時代の代表格で、楽曲の展開も読めないしコード感もよくわからない。一時期はレコードが投売りされるくらいのバンドだったみたいなんだけど、今では知る人ぞ知る画期的なアプローチを確立していたバンドとして語り継がれているらしい。音、かっこいいです。

tracklist:
1. State Of 6 pm 00:55
2. If You're Not Satisfied With The Current Arrangement 01:03
3. Cheering Section 00:56
4. Where The Teachers Go To Learn 00:19
5. Rate Times Time Equals Distance 01:22
6. Palatka Kills Young Republican Without Batting An Eyelash 00:55
7. Matured? You Bet! 01:16
8. "Let's Have A Kid" "Sure, Why Not?" 01:32
9. Another Kind Of Blacklist 01:11
10. Mark's Shit 00:17
11. Voice Of The Actors 00:33
12. The Current Definition Of Friendship Is Soley Lacking 03:38
SOLD OUT
関連カテゴリ
カオティック,激情 > LP / 12"

RECOMMEND

買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス