叫鬥 / KUGURIDO+DIEAUDE (split CD)

  • 1,620 16 Pt )
sekien解散の前に既にKUGURIDOが動き始めていたことは聞いておりデモ音源も手に入れたコアリスナーの間では話題となったが、ex.sekienのJyoji氏による「ネオクラストとは?」を自らに問い続ける姿勢が楽曲に反映されているという点ではsekienとは変わらない。が、sekienの持っていた不安定なバランスの危うさより音楽的な深化や理解度、突き詰め方はより研ぎすまされている。ある意味Martyrdod的とさえ言える条件の限られたハードコアの枠の中で目一杯自由になろうとしているアプローチは、コード進行やリフの音使いにも現れてくる。楽曲は陰鬱さを伴うメロディが疾走するまさに"ジャパニーズネオクラスト"そのものだが、sekienとは明らかに別物なのだ。ちなみにJyoji氏以外のメンバーは同じく姫路のBACKTREESCARで、こちらも正式音源は未リリースだと思うが、KUGURIDOとはまた違ったサウンドのハードコアバンドだ。
岡崎のDIEAUDEはsekienのイベントでも出演していて観る機会があった。王道のレイジングなパンクバンドかと思いきや、実はそんなことはない。ACUTEやDIEAUDEについて語るJyoji氏の「岡崎のバンドはコード進行が違う」という言葉を思い出す。その土地土地の音楽のカラーは近年差異がなくなっていると言われているが、「岡崎のハードコア」という一つのスタイル、オリジナリティが確立されていることを彼らは証明する。特にラストトラック『岐路』は感動的な楽曲の美しさがある。コード進行もそうだが、核となるのはコードに対してのメロディの乗せ方なんじゃないだろうか。哀愁さえ感じさせるメロディ。
実はこのスプリットってローカルハードコアの魅力を再提示する作品なんじゃないか?KUGURIDOの方もコード進行や音使い、メロディの乗せ方を誰にも行った事無い方向へと押し進めておりDIEAUDEとサウンドは違えど、やはりどちらのバンドもメインストリームで語られる大きな物語と別のもう一つの物語だ。

tracklist:
1. KUGURIDO / 夜
2. KUGURIDO / セキレイ
3. KUGURIDO / 瀑声
4. KUGURIDO / 奴僕
5. DIEAUDE / 悪しき情
6. DIEAUDE / 濁流
7. DIEAUDE / THE BEATING IS VAIN
8. DIEAUDE / 岐路

数量:

関連カテゴリ
ネオクラスト > CD
アナーコパンク/クラスト > CD
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。
Interview with Jonas (This Gift Is A Curse) by Kreativ Mag
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

Twitter

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス