Speed,power & Aggression / M.A.N.VS.M.A.N (CD)

  • 1,620 16 Pt )
3LAでも大好評のうちにソールドアウトした前作のデモ入荷時には「2010年代の主流となったモダンハードコアを全否定するスタンスでプレイされる爆音のハードコアは、シンプルで怒りに満ち、洗練されていくことで失われてしまったハードコアの原始的な魅力を取り戻そうとしているかのように見える。」というレビューを書いたが、2017年現在「ハードコア」と呼ばれる音源が細分化しすぎてしまい、あれもこれもハードコア、いやお前はハードコアではない、というよくわからない状況になってしまっているがM.A.N.VS.M.A.Nのやっている音源はまぎれもなくハードコアである。むしろ何も前情報も知らずにこの音源を聞けば、日本のバンドだとは思わないだろう。完全に80年代のUSハードコアのノリ、サウンドで、理屈抜きの気持ち良さが詰まっている。「スピードコア」という呼び方は自分の世代的には馴染みがないけれど、いま流行りのパワーバイオレンスからこういったハードコアの音源も聞いたりする流れがあると面白いですよね。
バンドの自身のtumblrでは自分たちのルーツとなっているレコードを晒しているのも流石。これにはいくつかの見方が出来ると思うんだけど、1つは彼らは"モダンハードコアを全否定するスタンス"と言いつつも若い世代やハードコア初心者に対してコミュニケーションを否定する態度ではないということ。SiegeやCro-Mags、Negative ApproachやBad Brainsといったビッグネームが並ぶけれど、マニアックなレコード達が並ぶのよりも俄然説得力がある。知っている人も知らない人も楽しめる仕掛けだし、かつてアルバムに必ずカバー曲をボーナストラックに収録していたメタリカ的な楽しませ方だ。tumblrのページではその解釈(?)も読めるので面白いです。というか、こういった楽しみ方自体がハードコアファン(オタク)のそれだと思うし、CDに付属する謎のインチキ外人のライナーノーツもこれまた専門用語のカタカナとアルファベットが目白押しで素晴らしい。ハードコアファンによるハードコアファンへの贈り物、最高の音源。
http://manvsman.tumblr.com/

tracklsit:
1. get real
2. speed, power and aggression
3. take a stand
4. Think We care
5. Breakaway
6. Make a difference
7. This means war
8. I won't take part
9. crime pays
10. Break The chains

数量:

関連カテゴリ
ユースクルー/ストレートエッジ > CD
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。
Interview with Jonas (This Gift Is A Curse) by Kreativ Mag
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

Twitter

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス