Sentinels / Nine Eleven (CD)

  • 1,512 15 Pt )
フレンチハードコアの4thアルバム!
人脈的にex-Aussitôt Mortの系譜にあるというのなら彼らもフレンチハードコアの押さえるべきバンドなのかもしれない。Fall Of Efrafaのようなコンセプト系ハードコアで、楽曲自体はトラック分けされているもののアルバムとしては1曲の『Sentinels 』という作品を分解しているだけに過ぎず、本来的には1曲1枚のアルバムであると捉えたほうが本質には近そうだ。壮大なスローテンポで幕が上がるが、途中から始まる疾走パートはまさにIctusのImperivm感!3LA的にもフック十分な出来栄え。

(レーベルインフォ):
フランス・ル・マン/カーンのフレンチハードコアバンドNine Elevenの4thアルバム。バンド名の由来は1973年9月11日にチリの首都で発生し、5000人もの犠牲者の死を招いた「チリ・クーデター」より。オリジナルメンバーであるギタリスト2名を中心に結成から10年超と活動歴は長く、これまでにメンバーチェンジを繰り返しながら3枚のアルバムと数枚のEP/7"を発表。フランスを代表するハードコアバンドの重鎮として叙情性溢れるドラマティックなサウンドを武器に、ヨーロッパにおいてはモダンハードコアから激情、ネオクラスト、スラッジ、ドゥームのファンまで多岐に渡り根強い人気を誇る。ex-Aussitôt Mort, Amanda Woodward, 現Burning Brightのメンバーら加入後に制作された通算4枚目のアルバムとなる本作では、前述の音楽性のみならず、ストリングスなど新たなアイデアを積極的に取り入れ、過剰ともいえるほどに叙情性、ドラマ性を追求した重厚な世界観を構築。バンドの独自性を追求し、さらなるスケールアップを図ったメロディアスかつ怒りと悲しみに満ちたサウンドは前作以上に壮絶な衝突を繰り広げている。また保守的な社会vs漸進的な視点を象徴する父と子の対話を用いて、父子が我々の生きる世界の二元性によって失われた、たったひとりの人間であることに導く独自のポリティカルなテーマにも注目。前作と同様にレコーディング・エンジニアにはBirds In Row, The Rodeo Idiot Engineを手掛けたAmaury Sauvéを起用。本作のフィジカルリリースには実に17ものレーベルが参加し、本年度最も注目すべきフレンチハードコア・アルバムとして早くも多くの支持を得ている。

Tracklist:
1. Elysium
2. Guidecca
3. Purgatory
4. Apocalypse
5. The Final Circle

数量:

関連カテゴリ
カオティック/激情 > CD
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。
Interview with Jonas (This Gift Is A Curse) by Kreativ Mag
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

Twitter

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス