[SALE] Rheia / Oathbreaker (2xLP)

  • 2,000 20 Pt )

ベルギーのOathbreakerが2016年に放つ3rdアルバムは完全にアンダーグラウンドを脱却し、Deathwish周辺バンドでより大きな世界に突き抜けていったDeafheavenやTouche Amoreといったバンド達と同じような方向性、位置づけになるものだと思われる。こちらはLP版で、2LPの見開きの迫力のあるジャケットが特徴的。
2008年頃の結成当時から欧州ハードコアのアンダーグラウンドの流れはネオクラストやブラッケンドといったキーワードがあり、彼らも当初はそのような流れを汲むサウンドであった。前作から既に1stからは大きな進化をみせ、そして本作では完全にそれらアンダーグラウンド界隈の流れから分岐。自らの音楽性を大きく進化させた本作はより多くのファンを獲得することになるだろう。
3LA的にはやはり彼らはネオクラスト、ブラッケンドの流れとは無関係ではないという認識。2010年以降のシーンの飽和状態を経て、生き残ったバンド達はそれぞれが当時思い描いていたシーンのその先のサウンドを今表現できるようになっており先人達の上澄みだけをかっさらっていくような多くのバンド達とは違う試行錯誤の歴史がここにはある。ダークかつヘヴィなサウンドの中にもポップさを盛り込んだエンジニアJack Shirleyの功績も大きい。1曲目「10:56」の印象的な独唱から始まり、疾走パート、ブラストパート、ドゥーミーな展開を次々と畳み掛けていく楽曲群は聴いていて単純に飽きがこないという印象。途中アコースティック的なアプローチも垣間見られたりと楽曲の幅広さが全体のポップさに拍車をかけており、とはいえ基本的な演奏形態はシンプル。音数も少なめできっちり引き算されたソリッドなプレイを聴かせておりこのあたりはベテランの域に達しつつあるバンドの実力が現れていると言えるだろう。歌詞の内容は非常に抽象的で、オーソドックスなハードコアのスタイルではないが、いわゆるアート系だ。キーワードとなるのは「精神と肉体」。記憶を辿りながら紡いでいく物語はDream TheatreのメトロポリスII的なアプローチか、そういう意味ではコンセプトアルバムなのかもしれない。
かなりの洗練を感じさせる作品だけにアンダーグラウンドなハードコアへ傾倒している方からするとあまり受け入れ辛い内容であるが、Oathbreakerには地下から地上への「突き抜け方」に対する普遍的なヒントがあるはずだ。

tracklist:
1. 10:56 02:11
2. Second Son of R. 05:55
3. Being Able to Feel Nothing 07:08
4. Stay Here / Accroche-Moi 05:12
5. Needles in Your Skin 07:14
6. Immortals 08:52
7. I’m Sorry, This Is 04:14
8. Where I Live 07:01
9. Where I Leave 08:52
10. Begeerte 06:43

数量:

関連カテゴリ
カオティック/激情 > LP / 12"
SALE
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。
Interview with Jonas (This Gift Is A Curse) by Kreativ Mag
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

Twitter

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス