CATEGORY

Twitter

Some Kind of Cadwallader / Algernon Cadwallader (LP: Root Beer)

  • 2,640 26 Pt )


この音源を買わなかったら、3LAは存在しなかった。以下のレビューは当ディストロ最初期に書いたものです。

フィラデルフィアの四人組、ディストロ始めようと思わせてくれるほど素晴らしかったALGERNON CADWALLADERのフルアルバム。 90年代のエモの美味しいところを総取りしたようなCAP'N JAZZ的アプローチかつ牧歌的サウンドと、演奏隊のアンサンブル、そしてキンセラ的ボイスが本当に素晴らしい。youtubeにも多くのライブ映像があがっているので是非チェックしてもらいたいところだが、CAP'N JAZZすぎるだろうという批判も書き込まれているのも事実である。たしかに声は似てるがしかしあえて言いたい、彼らの音楽は他から手軽にもってきたような付け焼刃なものではない。Street Smart Cyclist,Snowing,1994!といった同郷のバンドを聴けば、多様な音楽性をもつバンドを近年輩出している地元フィラデルフィアというシーンにはこれだけのバンドを育てる土壌ができていることは一聴瞭然で、牧歌的なアレンジと様々な小物楽器と空間をうまく使い、ここまで音源として完成させているバンドはなかなかいないのだ。ギターのフィンガーピッキングなアレンジもルーツミュージックをうまく消化したからこそのものでしょう。というわけで独特の存在感を放つALGERNON CADWALLADERはいまや日本以外でもかなりの人気を獲得しておりCDもソールドアウトが続出、入手困難な状況が続いている。これは多くの人に聞いてもらいたい作品。

-------
Lauren RecordsによってリイシューされたAlgernon Cadwalladerの1stが入荷できました。以前の再プレスなどの入荷を見送っていたのですが、やはり3LAがレーベル始まるもっと以前、ディストロを始めるきっかけになったバンドであり大事なルーツだと思って今回は入荷しました。2020年現在、あれから10年が経ってます。多くのバンドが生まれては消えていったなと思い返すんだけど、やはりAlgernon Cadwalladerは今でも特別な輝きを放っているのでこれがノスタルジーなのかとも思うんだけど、どう考えても今聴いても特別。当時はエモリバイバルのムーブメントも後からしったんだけど、地元フィラデルフィアのローカルが放っていた熱量はブームに便乗したものではなくて本物だった。

tracklist:
1. Casual Discussion In A Dome Between Two Temples 02:26
2. Some Kind of Cadwallader 02:25
3. The Stars 02:53
4. Horror 04:21
5. Motivational Song 03:43
6. Yo Soy Milk 02:31
7. On Up 02:21
8. Katie's Conscious 02:14
9. Serial Killer Status 02:28
10. In Response to Irresponsibility 13:14

数量:

関連カテゴリ
ポストロック,エモ > LP / 12"
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス