Twitter

冷刻 / kokeshi (CD)

  • 2,700 27 Pt )
今となっては「ブラッケンド」なんて言葉を聞くことは本当に少なくなってしまったし、様式美的なダークさをハードコアの中で表現していくバンドも同様だ。しかし体感的にはシーンの中にある"流行"的なものが過ぎた後も、その音楽を突き詰めている人たちは何かあたらしい領域へ到達してしまったり、ちょっとした組み合わせのかけ違いでとんでもないオーパーツを生み出してしまうこともある。
kokeshiも前作『憧​憬』と比較すると、確かにより深みというか奥行きというか、いわゆるポストブラックとも違って、2000年以降の比較的新しめのメタル(このあたりのニュアンスは難しいが)の世代感とビジュアル系的暗黒表現がより磨かれた形で、もちろん明日の叙景とは違うんだけど彼らもまた日本独自の感覚を音に落とし込むことに成功している。それを安易に"世界標準"だなんて自分は言うつもりはないんだけど、やっぱりどこか異形のものがあったほうがコア的な面白さはある。これらの浸食の中で今後も多くの面白い音楽が生まれてくると思う。
アルバムアートワークも前作よりも少ない色彩だが効果的なインパクトを持たせていて、そういった細かいところでも聴く側の第一印象は大分違うように感じる。...と思ったら、以前 killie x SWARRRMの『耐え忍び霞を喰らう』のアートワーク担当していた藤村さんの作でした。納得。

[4/07発売・レーベルインフォ]
東京のブラッケンド/ダークハードコア・バンドkokeshiの2023年発表2ndアルバム。前作「憧憬」で見せたブラックメタルやハードコアのアグレッシブな要素に加えて、幅広いアプローチと奥行きのあるサウンド・プロダクションであらゆる負の要素を凝縮した異形のエクストリーム・サウンドと、同様に飛躍的に表現の幅を広げ、圧倒的な存在感で牽引するヴォーカルによって産み落とされた唯一無二の世界観は禍々しくも美しい。独特な言葉選びで自己の内面を掘り下げ暗部を描き出す歌詞や、恐ろしく歪な本作の世界観を余すことなくビジュアル化したアートワークにも注目。

Tracklist:
1. 胎海
2. 海馬に沈む
3. 系
4. 報いの祈り
5. わらべうた
6. (recollect)
7. 涅槃欠損少女読経
8. Into My Darkness -蝕- feat. Deepa
9. 彼は誰の慈雨の中で

数量:

関連カテゴリ
Blackened-Hardcore/漆黒・無慈悲
Chaotic Hardcore/混沌・再構築
CD / CDR
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス