Split / Broiler + Trikorona (CD)

  • 1,620 16 Pt )
東京グラインドコアBroilerと、孤高の変態ハードコアTrikoronaによる強力スプリット!
Implustrecordsより2017年リリースとなる本作は東京の2バンド、別名"大仁田コア"とも形容されるグラインドコアBroilerと近年のパワーバイオレンスブームとは無関係に孤高の立ち位置の変態的なハードコアを突き詰めるTrikoronaによるスプリット。
Broilerは2016年にツアーしたKhmerを始め、数々の海外アクトと最近共演が多くなっているのだがその秘密は彼らのライブアクトによるものが大きい。自ら電流爆破に突入していく大仁田厚的スタンスのボーカルをはじめ、ビジュアル的にもフックのあるメンバー、なぜかハッピーな空間を生み出すステージ、そして楽曲では意外と(失礼ながら)結構いろいろな引き出しを感じさせる演奏陣。グラインドコアだけれどグラインドだけじゃない要素で構成されたBroilerの音は、いったいなんなんだろう。
一方のTrikoronaは以前にもアルバムやStubborn Fatherとのスプリットも入荷してきたバンドだ。近年パワーバイオレンスがブームとなっているが、同じくパワーバイオレンスと呼ばれている(いた?)Trikoronaのサウンドはまるで別物だ。激情ハードコア黎明期的なカオスをずっと保ち続けているのも凄い。レーベルのインフォでは「Guyana Punch LineやCombat Wounded Veteran、Orchid、Left For Dead、Reversal Of Man〜〜」というワードが並ぶ。パワーバイオレンスに見る人もいるし、エモバイオレンスに見る人もいる。別の人から見ればまた違うのだろう、つまりTrikoronaというバンドは見る人によってその姿が変わる妖怪のような存在だ。3LA的にはやはりカオティックハードコアなのだと思って聴いている。ギターの是枝さんという人は共演するバンドの足元、つまりエフェクターペダルをすべてチェックしていると思っているのだが機材についても自分の遠く及ばない世界に達していると思われる。
そして今回隠しトラックとして各バンドが1曲ずつカバーをしているものがダウンロード曲として付属している。どちらの曲も国内のあるバンドのカバーなのだが、これまた面白いむちゃくちゃなアレンジになっているのだが、なぜこのバンドになったのかその意味についてはぜひ聞いてみたいところだ。アートワークは数々のハードコアバンドを手がけてきたyossie氏によるもの。語れる文脈は多いと思う。

BROILER
1.ENTER THE “CURE”
2.CANCER OF HELL
3.CRYPT DEATH
4.MANIAC PORN TORTURE
5.AGAINST NATIONALISTIC ALL LEECHES
6.NIGHT WATCH
ダウンロード曲:依存

TRIKORONA
1.Soil
2.蝿心中
3.暗渠にて
4.Su24
ダウンロード曲:扉

数量:

関連カテゴリ
グラインド/ファスト > CD
カオティック/激情 > CD
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。
Interview with Jonas (This Gift Is A Curse) by Kreativ Mag
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

Twitter

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス