Ruins / Iskra (CD)

  • 1,800 18 Pt )


RABMを牽引し「ブラッケンド=クラスト」というワードを世界に広めた第一人者ISKRAの2015年発表最新作!
世界的な右傾化の流れの中でISKRAもやはり黙っていられなかったのだろう。前作以上に怒り成分が注入されたサウンドはもはやほぼデスメタルなのだが、活動15年に差し掛かろうという今現在になっても全く衰えずアグレッシブに進化し続けようとする彼らのメンタリティは凄すぎる。本作でもイントロからエンディングまで100%の濃度で彼らが提示してきた「ブラッケンド」を堪能できる仕上がりとなっている。
「Ruins=破滅」と題されたこのアルバムのテーマはこれまで通りの帝国資本主義、ネオファシズムへの怒りをぶつける内容になっているが、バンドのメッセージ自体も少しずつ更新されていっているのは面白い。ネガティブな怒りの吐露というだけではなく、聴く者に訴えかける内容をきちんと楽曲の中でも表現しており、いつまで自分たちの中ある力を眠らせたままでいるんだと叫ぶ。すべての主張はポジティブな未来を創るためにあることを歌う。破滅、絶望、死というキーワードも多用されているが、最後のトラックである「Battle of the Hundred Slain」では自分が死ぬべき場所について歌っており、それは自分が生まれた「自由な風が吹いていた土地」のこと。死に場所を見据えているが故に生き様がブレないということなのだろうか。
トレモロリフとブラストビートを多用するブラックメタル要素を持ち込み、左翼思想を組み合わせることにより誕生した「ブラッケンド=クラスト」はサウンドこそメタル寄りではあるが、思想的には完全にハードコア。現在のアンダーグラウンドシーンの多くの場所でブラックメタル的な要素や黒さは足している音楽は生まれているものの、本当の意味でブラッケンドシーンの恩恵を受ける者は彼らの本質を理解した者だけである。

tracklist:
1 Lawless
2 Ruins
3 Predator Drone MQ-1

4 Traume
5 Nihil
6 Illegal
7 Aegis Of The Victor

8 Der Einzige
9 Lebensraum
10 Battle Of One Hundred Slain

11 Masqueraders Of Fraud
12 Thieves Of Life
13 Privileged Morality

数量:

関連カテゴリ
ブラッケンド > CD
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。
Interview with Jonas (This Gift Is A Curse) by Kreativ Mag
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

Twitter

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス