Twitter

Interview with Broiler

Two / Pale + nhomme + 冬蟲夏草 + 明日の叙景 (4way split CD)

  • 1,100 11 Pt )


2010年代の終わりに間に合った、2010年代の現行バンドPale、nhomme、冬蟲夏草、明日の叙景によるコンセプチャルな4wayスプリットが自主リリースされた。ジャンルは異なるが世代が近いバンド同士が何よりリリースにあたってのステートメントを発するあたりも良い。paleはポストブラックに伝統的ヘヴィメタル要素、NWOBHM的テイストすら感じさせる作風で前作EPよりも独自路線に舵を切りつつある作品と言えるし、nhomme(ex.濃霧)もカオティックかつテクニカルで、ギターも1inamillionメンバーがサポートしていることもあり、以前入荷していたデモ音源よりも全てが明瞭。冬蟲夏草は未だ全貌がつかめない。密室ノイローゼ系のカルト感、ダークさ、コミカルさのある新世代メタルはV系色が強い。ラストを締めくくる明日の叙景の新曲は、この4wayのハイライトで必聴。90年代の足枷を断ち切っている。

tracklist:
1. Pale - Dakhme 05:43
2. nhomme - 淋檎の謳 02:50
3. Tochu-Kaso - 玩弄物 02:38
4. Asunojokei - 冷たい傍ら 04:35

=== 以下、リリースにあたってのステートメント ===
『デジタルはパンク』
 現場の熱、口コミで広がる価値、そこに行かないと見られない景色。ライヴハウスに生きる人々からはこのような意味の言葉がときおり発せられる。その中には自分たちが夢中になって聴いていたミュージシャンもいる。これまで大切にされてきた価値観。そしてこれからも…。
 しかし、ライヴハウス限定販売や撮影禁止など、そこに行かないと得られない価値があるということは、住んでいる場所が違ったり、金銭的に問題を抱えていたりする人がコンテンツを得られない、あるいは得るために多くの時間、お金、手間をかけなくてはいけないということにつながる。
 時代の変化に伴い、現代では映像や音楽へのアクセスが容易になってきている。YouTubeやストリーミング配信をはじめ、身近に音楽に触れられる環境が整ってきた。果たしてその流れに抗うことがパンクなのであろうか。
 様々な制約を無くして自分たちの音をより多くの人に、なるべく公平に届けること。それこそが今の時代におけるパンクではないのか。
 ここに現代の技術やサービスを用いて、多くの人々に自分たちのエクストリームミュージックを届けるべく、Pale、nhomme、冬蟲夏草、明日の叙景の4バンドが集い、4way-split”two”を完成させた。

数量:

関連カテゴリ
ポストブラック > CD
ポストロック,エモ > CD
カオティック,激情 > CD
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス