Twitter

And Baby Safe Crusades No Judgements / The Caution Children (CD)

  • 1,540 15 Pt )




エモ/ポストロックシーンに良質なリリースを投下し続けるTokyo Jupiter Recordsが放つ2014年音源!
シュゲイザーとポストロック、美轟音の激情ハードコアというまさにTokyo Jupiter!という感じの美しいメロディを轟音の中に乗せていくサウンドは健在でメンバーチェンジがあったとはいえ、バンドとしてのまとまりを感じる作品に仕上がっている。アトモスフェリック要素も濃く、ところどころで入っているアコースティックギターの響きやノイズ、ボーカルの儚さとしょぼさを兼ね備えた非マッチョなスクリームも計算高く構成されており壮大が故に退屈になりがちなこの手のジャンルにおいて随所随所でブチ上がりどころをいれてきてくれるのが嬉しい。
音質のほうもも音圧&音質至上主義に走らず、プリミティブさを残した暖かい印象のサウンドになっている。このあたりのさじ加減はCamadreでおなじみサウンドエンジニアを務めているJack Shirleyによるところが大きいのだろうか。US激情とはいえ非常にヨーロッパ的なものを感じる。ポストブラックメタルとシューゲイザーをクロスオーバーさせたDeafheavenと通じるところはあり、ブラックメタルorポストブラック文脈がそれほどライトリスナー層まで浸透していない日本にとってはThe Caution Childrenのほうがよりシンパシーを感じることができると思う。侘び寂びの世界である。

(以下、レーベルインフォ)
2009年にジャパンツアーを行ったアメリカ・フロリダのポストハードコア/エモバンドThe Caution Childrenの3rdアルバム。前作「Unknown Lands」から約3年ぶりのリリースとなる本作は新ギタリストを迎えメンバー5人編成で制作された。レコーディングにComadreのJack Shirley (Deafheaven, Loma Prieta) 、マスタリングにJosh Bonati (Asobi Seksu, La Quiete) を起用。ポストロック/シューゲイザーサウンドと激情ハードコア/エモサウンドのクロスオーバーを実現した快作。

Tracklist:
1. The Same Thing In Three Parts
2. Psalms
3. Over-Under
4. Shouldn’t Have Used Black Magic
5. Secret Kings
6. Middle Missing
7. Moon Museum
8. Knowing About Bombs
9. Superb Lyrebird Recording
10. Letter To My Child

ボーカルのビジュアルがやばすぎる。

数量:

関連カテゴリ
カオティック,激情 > CD
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス