Twitter

すべてか弱い願い / 明日の叙景 (CD EP)

  • 1,650 16 Pt )
東京のポストブラックメタル、明日の叙景が発表する2020年EP『すべてか弱い願い』が到着して聴いていた。
2018年のアルバム『わたしと私だったもの』の発表以降、同世代のPale、nhomme、冬蟲夏草らとリリースした4way split『Two』が2019年、そして今年2020年にはカナダのポストブラックメタルUnreqvitedとのスプリットをリリース、そして2021年を待たず本年12月に新たなEPである本作をリリース… と相変わらず1つ1つの作品に対してのテーマ性を感じさせる動きをしているバンドで本作は待ちに待った単独作品。聴いていくとアルバム『わたしと私だったもの』期よりもボーカルはさらに後ろへと引っ込み、その分ギターがメロディを預かっていることがわかる。そして、このバンドの最大の持ち味というか特徴でもある、メランコリックな和声を駆使したギターの音使いと構築美はアルバムの頃よりも確実に更新されている… と思っているんだけど、最近はむしろアルバム『わたしと私だったもの』のほうが楽曲の方向性も、ボーカル含む演奏の方向性も、サウンドプロダクションも異質だったしあれは壮大な実験だったのでは?とも感じている。日本にはポストブラックメタルと言えるバンドはほとんど存在していなくて、そういったシーンも当然存在していない。そういう状況でも既存の保守的な価値観に囚われず(つまりはマスを取りにいかずに)先をみていける若いバンドがいるという事実は嬉しいことです、やっぱり僕って右翼だし。楽曲やセンス、なにより物事に対する「問いの質」という点において明日の叙景は秀でていると思う。ただ完成しているわけでもない。サウンド面でのシグネイチャーを確立できるかは結構大きなテーマなんじゃないかとも思う。

Tracklist:
1. 修羅
2. 私はもう祈らない
3. 影法師の夢
4. 青い果実
5. 生まれたことで

数量:

関連カテゴリ
ポストブラック > CD
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス