CATEGORY

Twitter

MOUNTAINS OF MADNESS / GREENMACHiNE (CD)

  • 2,200 22 Pt )


1995年金沢にて結成、GREENMACHiNEが2019年に15年ぶりの新作アルバムとして完成させた最新作『MOUNTAINS OF MADNESS』のCD盤もようやく入荷!
 GREENMACHiNEはex.ICONOCLASTのDATSU(dr)、ex.OVERRIDE NEGATIVEのMONZAWA(vo,gt)により石川県金沢にて結成、バンド名はKyussの楽曲名より取られた。これまでにリリースされたアルバムは『D.A.M.N』(1996年)、『THE EARTH BEATER』(1998年)、そして『THE ARCHIVES OF ROTTEN BLUES』(2004年)があり、その他いくつかのEP、Split作品をリリースしている。今や国内アンダーグラウンドシーンだけでなく海外にもその名を広く知られた存在であり、2018年にはオランダで開催される世界最大級のヘヴィロックフェスRoadburn Festival 2018にもJacob Bannon(Converge)によるキュレーション枠での出演を果たしている。
 90年代のシーン黎明期を駆け抜け、日本のスラッジ、ストーナーロックの伝説的バンドと言われながらも、その音の核にあるのは「ハードコア」だ。スラッジ、ドゥーム、ストーナー、ハードコア、パンク、ロック、彼らの音を構成するどの要素も一辺倒なものではなく、がっちり解釈されオリジナルなブレンドとなりアウトプットされている。今なお国内外多くのリスナーが彼らの音を求め続けているという事実が、彼らが彼らにしか出せない音楽性を確立しているということを証明している。活動初期作品での病的とまで感じる轟音スラッジサウンドにも後に自称する「ハードコア・ロック」の鱗片を感じることができるが、本作『MOUNTAINS OF MADNESS』はGREENMACHiNEの「ハードコア・ロック」、その現在進行系であり、完成系であることを断言する。
 本作のCD盤は既にDaymare Recordingsよりリリース。ジャケットアートワークとタイトル「狂気の山脈」はクトゥルフ神話の始祖、ラブクラフトの傑作小説からインスパイアを得ていると言うが、当時1ヶ月という短期間で書き上げられ歴史的金字塔となったこの小説と、同様の短期間で製作されながらも圧倒的な完成度となった本作はイメージ的にも内容的にも重なって見える。南極の山脈を越え、人類前人未到の領域に進み狂気に辿り着いた小説の物語と同じように、バンドもその山を越えたのだ。理想を徹底的に具現化したGREENMACHiNEの2019年最新作、最高傑作、そしてクラシックとなる『MOUNTAINS OF MADNESS』には全てが詰まっている。

tracklist:
1.THE HAUNTER
2.IN VENGEANCE
3.THE MAN IN THE ROAD
4.GOLGOTHA
5.RED EYE Pt.6
6.THIN ICE
7.SHADOW
8.RISE TO FALL
9.CHAIN OF WRATH
10.HIPPOCAMPUS
11.MOUNTAINS OF MADNESS
12.瀉血
13.SILENT PRAYER
SOLD OUT
関連カテゴリ
ストーナー,ジャンクロック > CD
スラッジ,ドゥーム > CD
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス