CATEGORY

Twitter

Laisser Vivre Les Squelettes / Daitro (LP: Gatefold)

  • 3,080 30 Pt )


2005年にリリースされたDaitroの1stアルバム、2021年の再プレス盤では『Y』の再発同様にジャケットはゲートフォールド仕様に変更され、前回再プレスにも封入されていた当時のフライヤーやバンドの記憶を記録したインナーが封入されていて、サウンドだけでなく2000年代を駆け抜けたバンドの、というより今や益々失われつつある「バンド」という形態とは何なのかという核を改めて提示しているかのようにも見える作品となった。人間同士の繋がりは不思議なものを時に生み出してしまう。それはソロアーティストの時代のスピード感にはまるで及ばない、時間とエネルギーの消耗の激しい活動形態ではあるんだけど、人との摩擦が生み出した削りカスこそがバンドの本質だろう。
Daitroの1stアルバムは初期衝動で製作されたような性急な作品ではない。バンドは2002年最初のデモを製作し、その後2003年にEP『Des Cendres, Je Me Consume』、2004年に同世代のヨーロッパ激情の代表格となったRaeinとスプリット(日本ではOto RecordsよりLhasaも加わった3way splitとしてCDリリース)と作品を重ねており、既にバンドとしては出来上がった状態で製作された集大成のようなアルバムだ。鋭くザラついた音色の初期作とは変わり、Ultramarinos Costa Bravaにてレコーディングされた暖かみと奥行きのあるサウンドはバンドの成熟を感じさせると同時に、衝動的なだけではないヨーロッパ型の激情、Screamoのスタイルを確立した。音楽シーンの隅で無視されながら、自分たちとは何かというアイデンティティに関わる問いに向き合った作品だからこそ、イデオロギーでは越えられなかった壁を超え、世界各地の、そして日本のリスナにも切迫した感覚として共鳴を生んでいた。その共鳴は僕がkillieやFuneral DinerやRaein、それぞれに感じるものと同質でもある。

tracklist:
1. Laissez Vivre Les Squelettes 04:38
2. Chaque Seconde 02:10
3. Les Orbites En Eveil 03:42
4. Nous Sommes D'Ici 09:09
5. Comme Du Papier 05:34
6. Pourquoi Les Inconnus Restent-Ils Inconnus ? 03:33
7. Trois Murs Pour La Salle De Torture 06:13
8. Se Noyer, S'Oublier, Regarder Partir 10:15

数量:

関連カテゴリ
カオティック,激情 > LP / 12"
買い物の仕方について; ①欲しい商品を選択し、数量を選択しカートに入れます。 カートを見る、でカートに何が入っているのか確認できます。 ②カートに欲しい商品を入れ終わったらレジに進みます。 ③ログイン画面に移行するので自分のアカウントでログインしてください。 アカウントを持っていない人は下のフォームを記入するだけですぐに作れます。 アカウントを作成すると次の画面に進みます。 ⑤住所を確認して配送方法を選択してください。 発送方法や支払い方法の要望がありましたら、記入しますとスムーズです。 ⑥支払い方法を選択して注文を確定してください。

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス