3LA COLUMNS



コラム各種ご用意いたしました!今後は定期的にさまざまなテーマでコラム更新予定です。

特集 ネオクラストとは何だったのか (2017/1/15)
ネオクラストのムーブメントにより多くのバンドが発生し消えていったが、音楽的なピークはむしろこれからかもしれない。以前、3LAサイトのコラムでも掲載したネオクラスト考察を交えながら、ここではムーブメントを再検証しつつ、現在のシーンについても触れていきます。

迷ったらまずはコレ!名盤特集! (2017/1/8)
初めてのレコ屋、初めてのジャンル、初めてのディストロ、新しい音楽に触れるのは楽しいが、その店では何がオススメなのかわからないと迷いに迷った挙句、結局何も買わずに店を出てしまうことも多々有る。3LAは激情ハードコアやポストロック、エモを中心に2010年以降に勃興してきたネオクラストやブラッケンドといった新しい小さなムーブメントについてもサポートしてきた。そこでこのコーナーは「何か買いたいんだけどあんまり変なもの買いたくない」というリスナーに向けて、ジャンルを越えてオススメできそうな名盤を10枚に絞って紹介していきます。

レーベル特集 激情?エモ?メタルコア?Deathwish.Incが加速させるクロスオーバー (2017/1/8)
もはやConverge的文脈抜きにしても世界的なインディペンデントレーベルとしてその名を知らしめるDeathwish.Inc。2010年以降もTouche Amore、Deafheaven、といったバンド達を育て上げ、よりメジャーなレーベルへと送り出した。かといってメジャー志向なわけではなく、今でもアンダーグラウンドなハードコアシーンをサポートし続けている。それは今思うとConvergeというバンドが持つ"クロスオーバー"という性質そのものだった。Deathwishリリースを改めて聞いていくと新しい発見があるかもしれない、という企画。

レーベル特集 "オルタナティブ"探訪 ebullitionが切り開いた新しい価値観 (2017/1/1)
ハードコアシーンの中にもメインストリームとなっていくものと、大きな物語とは別の小さなシーンの中で続いている物語がある。激情ハードコアやエモバイオレンスというシーンはまさにメインストリームに対してのカウンターであったり、アンチであったり、オルタナティブであったりしたが、いずれにせよ「俺たちは他とは違うんだ」という疎外感だったり(または自信過剰だったり)がクリエイティブなエネルギーと結びついて音楽的に小さな革命となっていった。ここではEbulltionの各リリースの、他ハードコアとの異なる着眼点について軽く紹介していく。もちろんこの当時のハードコアはEbullitionだけじゃないけど3LAは偏ったEbullition推しなのだという前提を理解した上でお楽しみください。

温故知新、アイデア豊富な90'sシーン黎明期音源! (2017/1/1)
3LAでの在庫は少ないが、80年代後期〜90年代に活動していたバンドを今聴いてみるのは当時とは違った聞き方ができるはず。90年代はパンクも音楽的にも様々なスタイルのバンドが発生しシーンは一気に多様化した。3LAでもEbullitionをはじめいくつかの90年代音源を取り扱ってはいるものの、現代でも通用するアイデアが詰まっている盤、クラシックとも呼べる名盤、注目されることなく歴史の中で忘れ去れた良盤、など現行バンドと合わせて忘れてはならないレコードは数多く存在する。ここではその一部を紹介。過去の名作なども今後は定期的に入荷していきたいと思います。

InterviewWithKAPO(From SWARRRM) 特集ネオクラストとは何だったのか?
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

Twitter

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス