quiqui

3LA Interview


2010年以降、有名無名を問わず気になったバンドにはインタビューをしながらディストロでも音源を紹介する、という形でやってきました。今でも付き合いの続いているバンドや既に解散してしまったバンドもいますが過去インタビューも当時の貴重な記録して読む事ができると思います。インタビューのリストは最新順になっているので、下にいくほど古い記事になります。

「kaospilotを初めて聞いた時に感じた感覚を自分の中から引きずり出したくて、ずっと曲を書いています。」 / Interview with Toshi(from ixtab) (2018/06/15)
群馬のエモバイオレンスixtabは3LAでディストロとして入荷しているが、あくまでデモ音源ではあるが、高い評価を受けているバンドだ。過去のライブ映像などはYoutubeに上がっているが、この2018年の最新デモではそれらの音とは違うバンドが次の段階に入っているであろうことを予想させる。未だ謎の多いこのバンドのVo.Gt、Toshiにインタビューを行いました。

「俺たちにとって大切なのは、できる限り多くの町へ行ってみることだ。それは、その町が大きいから行く、小さいから行かない、ということではないんだよね。」 / Interview with JP(from RORCAL) (2018/06/10)
3LAでもアルバム『CREON』をリリースしたスイスのブラッケンドRORCALがまさかの来日。自力で各地ライブハウスへDIYブッキングをかましてツアーを実現してしまった。今回はかつて別プロジェクトで日本への来日経験もあるギターのJP氏にショートインタビューを行っています。

このディストピア化した東京で生き残るには野獣化するしかない / Interview with Broiler (by 3LA) (2018/06/06)
Trikoronaとのリリースから約1年、結成から8年でようやくリリースされた1stアルバムはジャケットの南米系アートワークからは想像できないほどピュアで気持ちの良いエネルギーに満ちている。これはグラインドコアなのか?ベスチャル?ウォーブラック?今回はアルバムの全貌へ迫るべくインタビューしてみました。

Interview with 明日の叙景その2(レコ発後の追加インタビュー) (2018/05/03)
明日の叙景のアルバムが2月の24日にリリースされ、大変な反響が起こっている。ただし、この反響の大きさは国内ではさほど目立った形では体感できていない。国外ではPest Productionsからの音源リリースが発表され、youtubeは2万回再生を突破し、リリース日当日に行われたレコ発では国内の純粋な音楽リスナー(オタクと言われることもある)を集客している。
今回はリリース前のインタビューのエクストラverということで、リリース後についての追加インタビューとなります。

「俺たちは自分自身の中に、新しいサウンド、まだ未開拓の何かを"発見"したんだ。」Interview with Brandon Evans (City Of Caterpillar,Vo/Gt) (2018/4/20)
2018年4月末〜5月上旬、GWのCity Of Caterpiller来日が迫っている。バンドとはリリースについて何度もディスカッションを重ねてきたが、全部が終わって一息ついたタイミングで、日本へ向けてのメッセージをいただきました。また、今回自分が改めて彼らの音楽を聞く中で、その高い音楽性に驚いたし、やはり特別な何かを感じました。彼らについて今聞いてみたいことをインタビューで聞いてみました。

Interview with quiqui『ジャンル問わず音楽が好きで週一で「俺が最近見つけたかっけえバンドのURL貼る」ってのをやってる』 (2018/3/10)
岐阜から届いた音源、quiquiというバンドの音源がマスロック+激情、という使い古されたようなスタイルなのに何か引っかかるものがあって良く聞いてみたら様々な要素を若い世代なりに解釈….、いや解釈というか自然に吸収してアウトプットしているような、開放感を感じた。今回は3LAで初の取り扱いとなる彼らの音源に合わせてインタビューを行いました。

Interview with 明日の叙景 -『わたしと私だったもの』 (2018/2/20)
ディストロで、デモEP、1st EP、オムニバスと取り扱ってきた国内若手ポストブラック明日の叙景へのインタビュー。1stアルバムでさらにサウンドを変貌させた彼らが今何を考え、アウトプットしているのかに迫ります。

Interview with capelight (2017/10/8)
3LAディストロで取り扱った5000とのスプリットは即ソールドアウト、EMO/激情シーンの新世代として期待を集めるcapelightがマレーシアの今月10月にEF’ILのジャパンツアーを企画、帯同。今回はその動きの中心となっているVo+Gt市川氏にインタビューしました。ツアーに関しての内容がメインです。

Interview with Jonas from This Gift Is A Curse by Kreativ Mag (2017/4/8)
大阪のライブハウスHOKAGEが発行するKreativ Magにて掲載された、This Gift Is A Curseへのインタビューを3LAでWEB掲載許可を頂き公開します。本誌フリーペーパーでは紙面の都合上掲載できないエピソードも全文掲載、メタルではなくあくまで「ハードコアパンク」をやっている彼らの意識や制作核心部分に迫るインタビュー!

Interview with Broiler (2017/4/7)
2017年,TrikoronaとのスプリットをリリースしたグラインドコアBroiler!Khmerまでも喜ばせてしまう彼らのサウンドの秘密に迫る。メタルオタク的音楽愛に溢れる情報過密系インタビュー!

Interview with Suguru from SeeK (2017/3/29)
大阪SeeKの招聘により実現するThis Gift Is A Curse Japan Tour 2017、今回SeeKのボーカリストSuguru氏にツアー直前のタイミングでインタビューを行いました。!

Interview with Takano from SITHTER (2017/2/12)
発表した2ndアルバムが1stを上回る汚物サウンド、進化とは真逆の方向へ舵をとるバンドのフロントマン、高野氏にインタビューを行いました!

Interview with Yusuke from C.W.(2017/2/12)
C.W.(CONCRETE WAVES)はsekienのイベント姫路の残照GIGの2日目の一番手で出演したのをみて、これはまちがいないなと確信したバンドです。メンバーの見た目的には結構70'sなパンク系なのかなと思ったんですがライブが始まったら完全に80'sの匂いを感じるハードコアで一発でやられました。今回はバンドのボーカリストであるユースケ氏にインタビューを行いました。

Interivew with Koki from Vanishing Twin (2017/1/7)
ナード感溢れるビジュアルとは相反するような冷徹な轟音サウンド、そしてエモーショナルなライブアクト、というギャップが衝撃的だった東京の若手ハードコアVanishing Twinへのショートインタビュー。

Interview with Kapo from SWARRRM (2016/11/9)
3LAから『20year chaos』をリリースした後、BREAK THE RECORDSよりDISGUNDERとのスプリット7インチをリリース直後のインタビュー。主に『20year chaos』の内容、そしてバンドの中に息づいている唯一無二の精神性について。

Inteview with Ryo from GUEVNNA (2016/9/23)
1st『Heart Of Evil』リリース直後のインタビュー。アルバムの内容やアートワーク、そして渋谷でのフリーライブを始めとするオルタナティブなバンド活動の根源にある哲学について。

Interview with ungodly (2016/9/3)
香川から登場し、全くの無名ながら1stEPを各地でソールドアウトさせたダークホース。このインタビューは1stEPの後にリリースされた2ndEPリリース時のもので、バンド初の海外公演を終えた直後のもの。バンド結成からメンバーのルーツ、制作について。

Interview with Kemishima from Sans Visage (2016/3/2)
国内激情界のホープ、2016年3月に行われたCareless Japan Tour直前のインタビュー。個人的にも若い世代がどのように激情ハードコアに触れてハマっていったのか興味がありました。

Interview with Mr.Kasanuma from Kowloon Ghost Syndicate (2016/2/28)
Mr.90's笠沼氏への長編インタビュー。「激情」というキーワードを元に00年代初期からの当時のエピソードも織り交ぜてさまざまなテーマについて話をして頂きました。今ここまで話してくれる人もなかなかいないので内容も貴重だと思います。

Interview with 明日の叙景 (2016/1/1)
東京で活動する若手ポストブラック、明日の叙景へのインタビュー。まだデモ音源しか発表されておらず、正式音源リリースの前だったがデモ音源はソールドアウトし既にコアなリスナーからの注目を集めていた時期。

Interview with Ryo from GUEVNNA (2015/7/15)
EP『Conspiracies』を発表し、フランスのAguirreジャパンツアーも目前にサウンド面に変化が現れ始めた時期のインタビュー。

Interview with Kamei from Detrytus (2015/5/9)
2ndアルバム『THE SENCE OF WONDER』リリース直後の個人インタビュー。亀井氏の当時の自宅にて酒を飲みながら結構深いところまで話し合いました。

Interview with KOUSUKE & MAX from The Donor (2015/4/19)
1stアルバム『AGONY』リリース後しばらく経ってからの、2014年のHexis Japan Tour終了後のインタビュー。

Interview with Tarsius Tarsier by IDIOTEQ.COM (2015/2/27)
IDIOTEQ.comのインタビュー記事を日本語に翻訳。「Tarsius Tarsierが激情ハードコア文脈を継ぎ足していこうという意志のあるバンドであり、詩的な歌詞も特徴的である」という彼らのレビューは3LA的解釈とかなり近い。

Interview with After Forever(2014/11/9)
スプリットリリース三ヶ月後に行ったインタビュー。

Interview with Sho, わちゃん from bluefriend(2014/8/14)
1stアルバムの発表に加え、calculatorを招聘してのジャパンツアー目前の時期のインタビュー。

Interview with Jyoji from sekien (2014/7/20)
UKのImminent Destruction Recordsよりデビュー音源がリリースされた直後のインタビュー。

Interview with Suguru from SeeK (2013/8/10)
大阪のSeeKと交流が生まれた直後くらいのインタビュー。音楽性や創作についての深い話。

Interview with Eros + Massacre (2013/7/17)
スペインの新人バンド、Eros+Massacreへのインタビュー。

Interview with Rorik Brooks from Cloud Rat (2013/7/11)
「Moksha」リリース後、Decibel Magazineに掲載されたインタビューを翻訳したもの。

Interview with Ryan from Meatcube Label (2013/4/5)
Meatcubeレーベルを運営し、Cease Upon The Capitol,Sanctionsのメンバーでもあったライアン氏にインタビュー。

Interview with Cory from Halo of Flies Records (2013/2/3)
USクラストProtestantを率いながらレーベルHalo Of Fliesを運営しているシーンの重要人物。

Interview with The Joint Chiefs of Math (2012/11/3)
Algernon Cadwallader, Snowing, 1994!ら良質エモバンド達を数多く輩出してきたペンシルバニアシーンから新たに登場した二人組。

Interview with Mario from Khmer (2012/8/24)
ex,Ictus,El Egoをはじめ、数々のプロジェクトに参加しているメンバーにより結成されたばかりのKhmerにインタビュー。

Interview with Redzwa from orbitcinta benjamin (2012/5/18)
killuer CalculatuerとOrbitcinta Benjaminのスプリットリリース後のインタビュー。

Interview with Dan from Human Beings (2012/5/3)
台湾ハードコアHuman Beings、来日直前の時期のインタビュー。

Interview with Chris from Prelude To The Hunt,Bitter North Records (2012/4/22)
Prelude To The Huntのメンバーでもあり自身のレーベルBitter North Recordsも運営しているChrisにインタビュー。

Interview with Filip,Tobias from Hexis (2012/3/28)
来日の2年前に行われたインタビュー、まさか来日実現するとは。

Interview with Sid&Antoine from Chromes ex.Amber Daybreak,Plague Riot (2011/12/9)
Amber Dayreak解散後、メンバーが新しく始めたバンドChromesのインタビュー。

Interview with Peter from Nikki Louder (2011/9/25)
国内では流通の少ない東欧ハードコアバンド。スロベニアのシーンにも触れた貴重なインタビュー。

Interview with Dominik,Toni from Downfall Of Gaia (2011/8/14)
ネオクラスト期のインタビュー。時を超えてこの数年後に来日が実現。

Interview with Julian from ALPINIST (2011/6/11)
ネオクラストのムーブメントに一役買ったAlpinistの当時の貴重なインタビュー。

Interview with Joe from MASAKARI (2011/6/4)
1stLPを即完売させ、Alpinistとのスプリット&USツアー目前の時期のインタビュー。

Interview with Light Bearer by METALITALIA (2011/5/21)
Fall Of Efrafaを解散させ、新たなバンドとしてスタートを切ったLight Bearerに最初期のインタビュー。

Interview with Dan from Until Seeing Whale's Eyes (2011/5/11)
台湾激情シーンを担っていくであろうUSWEのダンへのインタビュー。

Interview with smek from Killer Calculator (2011/4/21)
マレーシアの激情、ポストロックサウンドへ進化したバンドへのインタビュー。

German Punk/Hardcore Scenes;Interview with Tim Rottorf from Phobiact Records (2011/3/21)
AlpinistやPATY O HARA、NOT ON TOURのリリースをしているPhobiact RecordsのTim Ruttorf氏へのインタビュー。

German Punk/Hardcore Scenes;Interview with Robert from ADAGIO830 (2011/2/20)
ZANNのメンバーとしての活動の他、ADAGIO830を運営し、シーンに多大な貢献をしてきたROBERT氏にインタビュー。

Interview with Plebeian Grandstand (2011/1/2)
フランスのBEST KEPT SECRET暗黒ハードコア、日本初接触。

Interview with 1994! (2010/9/8)
Algernon Cadwalladerと同郷、二人組のハイクオリティエモ。1st時期のインタビュー。

Interview with Algernon Cadwallader (2010/8/13)
3LAディストロがスタートするきっかけにもなったバンド、インタビューする側もスキル不足だったと今では思う。

Interview with Amber Daybreak (2010/7/14)
ディストロをはじめてからの初インタビュー。当時ディストロでたくさんCDが売れたベルギーの激情バンド。
Interview with Broiler
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

SEARCH

商品カテゴリから選ぶ
レーベルから選ぶ
キーワードを入力

Twitter

アナログ盤をお買い上げの際はmp3ダウンロードorCDR化を無料サービス